FC2ブログ

90歳で海外旅行

前回、歩きながら瞑想状態になるというお話をしましたが、いつもそうではありません。
外から面白そうな情報をキャッチすると、すぐそちらに集中します。
いつものようにスポーツ公園を歩いていた時のことです。
後ろから70代前後のご婦人ふたりの会話が聞こえてきました。
ご婦人A「健康なうちに海外旅行してみたいと思うんだけどね。」
ご婦人B「そりゃ、いつでも行ってらっしゃいよ。」
ご婦人A「でもね、知らない所に行くって不安よね。私、東京駅ですら、めまいがして倒れそうになったんだもの。他の人に      迷惑かけちゃいけないでしょ。」
ご婦人B「あら、うちの90歳の母なんてこないだ杖つきながらフランス行ってきたのよ。そりゃ、同行した人には散々迷惑       かけただろうけど、本人はほんとに楽しかったって、ありがたかったって言ってたわよ。」

その会話を聞きながら、まず、90歳で海外旅行に行こうと思えるおばあちゃんの気力、体力に感心しました。
そして、おばあちゃんのその気持ちを尊重して送り出してさしあげたご家族も(もしかしたら同行されたのかもしれませんが)すてきだなあと思いました。

迷惑というと聞こえは悪いですが、結局のところ、人はだれかに迷惑をかけながら、かけられながら生きているのだと思います。
でも、それでだれかが心から楽しめて幸せを感じることができるなら、私はそれでいいと思います。

私も90歳で海外旅行に行けるよう、心身共に健康でありたい、健康であるよう日々楽しみながら頑張ろう、と思いました。









スポンサーサイト



歩くことに集中

福祉の里

週末はいつものコース+スポーツ公園で歩きます。
同じコースをひたすら歩くのですが、何がおもしろいかって?
それはもう歩くことに集中できる心地よさです。
背筋を伸ばして両腕を大きく振って足はできるだけ大股で、その時膝後ろの筋肉の収縮を意識して歩きます。
一定のリズムに呼吸も合わせてただひたすら歩きます。
しばらくすると、周囲の音が耳に入らなくなり、自分の足音だけが聞こえてきます。
そのうちに足音も聞こえなくなり、完全に自分に集中しています。
いわゆる「瞑想状態」です。
この状態で2時間近く歩きますが、ほとんど疲れは感じません。
それどころか、心地よい爽快感があります。

「宇宙のねっこにつながる瞑想法」の著者・天下伺朗さんはソニーに42年間勤められ、犬型ロボット「AIBO」の開発も主導した方です。
企業戦士として想像を超えるストレスと戦う中で「瞑想」に出合い価値観が変わってゆったりとしいた生き方ができるようになったそうです。
生き方を楽にできる一冊です。
「宇宙のねっこにつながる瞑想法」で検索




「他力」

五木さんファンになるきっかけになった一冊です。

五木寛之さんについては作家であること以外、あまり多くを存じ上げませんでした。
しかも勝手に、ちょっと敷居の高い人、というイメージをもっていて著書を手にとることすらありませんでした。

ところがふとしたきっかけで著書「他力」を読んでから、五木さんに対するイメージががらりと変わってしまったのです。
宗教観や人生観という一般人からは少しとっつきにい内容を、優しく語りかけて下さるような文体で堅苦しさというものもあまり感じさせることなく、すらすらと一気に読んでしまいました。
それ以来どっぷりと五木ワールドにはまってしまいました。
その後も「親鸞」シリーズを読ませていただき、学校の社会の時間に習った「浄土真宗」「歎異抄」「教行信証」というフレーズが色を帯びて蘇ってきました。
当時はただ試験対策で暗記した単語のようなものでしかなかったのですけどね。
五木さんの本との出会いも何かに導かれたような気がしてなりません.

「他力」で検索

電子書籍はこちら



伊勢神宮 2014年5月

神宮巡りのスタートはおそれ多くも伊勢神宮でした。
きっかけは今思うと何て罰当たりな、と怒られそうですが、京都観光からちょっと足を延ばしてみようか、と言う軽い気持ちでした。
前年が式年遷宮だったこともあり、多少は興味があったので、ちょっと寄ってみようかな、という程度の気持ちでした。

伊勢詣りをした知人は、あそこの場所は空気が違う、何か感じるものがあると言います。
こんな鈍感な私にもわかるのだろうか、と疑問に思いながら、参拝に向かいました。

行ってみてまずびっくりしたのは人の多さです。
神社に興味のある人がこんなにいたのか、という思いでした。
何か感じるものがあったかと聞かれると、ただただスケールの大きさに圧倒されたという感じでした。
私にはまだ伊勢詣では早すぎたのかもしれません。
もっとしっかり神様のことを勉強して清らかな気持ちになってもう一度お参りしたいと思っています.






21日連続参拝

神社に21日連続して参拝し祈願すると成就する、という話を聞いたことがあります。
それだけ思いが強いということは、本人が気づかないうちに達成するための努力をしていているのだろう、でも成就した時は、「21日通い続けたからですね。神様ありがとうございます。」という気持ちになるのだろう、と思っていました。

実は今日は連続参拝21日目でした。
今まで雨の日はウオーキングをお休みしていたので、なかなか連続して参拝することができませんでした。
21日目だということはあまり意識せず、いつものコースを歩きました。
いつもは必ず顔見知りのだれかと出会って、挨拶を交わすのですが、今日に限って誰にも出会いません。
そして私が行く時間帯は早朝なので八幡様の本殿の扉は閉まっていることが多いのですが、今日はまるで私を待っていてくださったかのように開いていました。
境内には木々の間から木漏れ日がさしていつもと変わらない光景なのですが、何かが違う気がしました。
表現がおおげさかもしれませんが、いつも以上に神様が私を迎え入れてくださったような気がしてなりませんでした。
静かに手を合わせ、いつもより少しだけ長く神様にお祈りしました。

連続参拝が効果あるかどうかは今のところわかりませんが、いつもより神様を近くに感じたのは間違いありません。








ウオーキングをはじめて気づいたこと

ウオ-キングをはじめてまだ4か月ですが、最近、ウオーキングしている人がとても目につくようになりました。
自分が歩いているときはもちろん、車の運転中でもウオーキングしている人が視界に入ってきます。
ご夫婦連れの方、お友達と会話を楽しみながらという方、一人でもくもくと歩いている方、みなさん健康を意識して、それぞれのペースで楽しみながら自分の身体をいたわっているようです。
ウオーキングは健康作りとしては手軽に始められるイメージですが、私のような極度のめんどくさがり屋には最初のハードルはかなり高かったです。
当たり前のことですが、まず、シューズやウエアを用意しなければいけません。
そして、冬は防寒対策、夏は紫外線対策。
何より、日中会社勤めの私には時間を確保するのが難題でした。
とりあえず、出勤前の30分、早起きして歩いてみることにしました。
近所の稲荷神社→浄土宗のお寺→真言宗のお寺→八幡様
今ではこの経由でお参りをしながら歩くのが、日課となりました。
毎朝歩くのが楽しみで起きるのが苦痛ではなくなりました。
週末は、朝、昼、夕方、1時間づつ歩いています。

ウオ-キングをはじめて気づいたことは、興味が増えればその分視野が広がって楽しみもぐんと増えるということです。

まだまだ初心者ですが私なりの楽しみ方や効果についておいおい話していきます。







ヨガの効果・・・感謝すること

週1回、90分のヨガ教室に通い始めて3ヶ月経ちました。
効果のほどは?の質問に以前の私だったら「これと言って変化ありません」とお答えしていたかもしれません。
ですが、今ははっきりとお答えできます。
ヨガの効果は絶大です。
それはいろいろな事に対して「感謝」の気持ちが芽生えはじめたことです。
ちょっとしたことでイライラすることがなくなったような気がします。
元々あまり風邪もひかず、今まで大病もしたこともなくどちらかというと健康な私は、今まで健康の有り難みにもまったく気づいていませんでした。
講師の先生は「今日もヨガができる健康に感謝して」とか「自分にしっかり集中して」といつも言われます。
最初の頃はその言葉が私の中を素通りしていたのですが、だんだんと私の心の中にしみ込んでいたのだと思います。
先生の声はとても優しく暖かく教室を包み込んでくださるようです。
「気の力」とか今のところよくわかりませんが、何となくそういった力が教室内に働いているのではないかと思います。
これを機に「気」についても学んでみたいです。






何かに守られている・・・導かれている感覚

私には霊感なるものや、前世や守護霊様が見えたり、神様と会話を交わしたり・・・という能力は一切ありません。
今まで不思議な体験なるものもまったくありません。
直観が当たったりとか、突然何かがひらめいたり、というような感覚もありません。
もしかしたら、普通の人以上に感度が鈍いのでは?と思うほどです。

こんな私ですが、なぜか、何かに守られている、導かれている、という感覚がどうしてもぬぐえないのです。

それは今までの人生を、何の悩みもなく、つつがなく、生きてこれたからではありません。
私なりに悩み、苦しみ、時には自己否定せざるを得ないようなことにぶつかりながらも、何とかここまで生きてこれた、
これは自分自身の力だけでなく、何か見えない力に守られながら、導かれながら今日まで生きてこられたような気がしてならないのです。

その根拠のない感覚はどこからくるものなのか、いろんな経験を通して考えていきたいと思っています。



プロフィール

chie0131

Author:chie0131
名前 :千絵
    山口県
趣味 :プチ天体観測(特に月・惑星)
    神社・仏閣巡り
書籍 :五木寛之さん
    天外伺朗さん
    矢作直樹さん
    岩根和朗さん
    秋山眞人さん
    エリザベス・キューブラー・ロス
    エック・ハルト・トール
 
写真は画素の低いスマホ撮影ですのでご容赦ください。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ご来場者
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア