FC2ブログ

北斗七星☆2015/12/31 AM6:00

早朝6時、ほぼ真上に北斗七星
この冬はじめての発見です。
ちゃんと数えました、7つ星。
早朝の星空は時間が勝負。
みるみるうちに薄くなって、わずか10分後には見えなくなってました。

北西にはふたご座のボルックスとカストル。
月を挟んで西側にしし座レグルス、東側に木星。
南東に煌々と輝く金星。
木星と金星の間に火星があるのでは?と思い目を凝らしてみましたが、みつからず。
でも、二つ星が並んでいました。
何だろう?
もしかしてこれが火星とおとめ座のスピカ?

北斗七星の見初め、見納めが同時にできた贅沢な朝でした。
スポンサーサイト



早朝のレグルス☆2015/12/28AM6:30

あさ6時半。
南東に金星、頭上に木星、西に月。
じーっと目を凝らしてみてると、月と木星の間に、小さく小さく輝く星。
ちょっと目を離すとわからなくなってしまうくらい小さい輝きでしたが、間違いなくしし座のレグルス。

しばらくするとほんとに消えてしまっていましたが、見つけることができて嬉しかった、感動でした。

木星も消えるのは早い。金星は7時過ぎまで見えました。

ふたご座 しし座☆2015/12/28PM9:00

夜9時過ぎ。

東にしっかり月が出ています。
満月過ぎて若干欠けた月。
冬の大三角もはっきりわかります。
大三角から北東に目を向けると二つの星が並んでいます。
どうやら、ふたご座のポルックスとカストルです。
もうそろそろ東にしし座の1等星レグルスが登場するはずです。

冬の大三角☆2015/12/25夜

やっと確認することができました!
冬の大三角
オリオン座のベテルギウスとおおいぬ座のシリウスはすぐに見つけることができたのですが、
こいぬ座のプロキオンをなかなかみつけることができず・・・。
ベテルギウスは赤々としてるし、シリウスは一番輝いてる星ですから、一目瞭然。
それに比べると、プロキオンは輝き方も地味で特徴がないんですよね。
ベテルギウスとシリウスをつないでなんとか三角形を作ってみると、ありました!
のそばにちょっぴり地味に輝くプロキオン
天体観測に慣れてる方には「そんなの簡単にみつけられるよ。」と言われそうですが、初心者の私にはかなりの難題でした。
そしてかなりの感動!でした。
三角の中に天の川も縦断しているようですね。
晴天の夜空で見ることできるのでしょうか?
これまた楽しみが増えました。
この三角を抑えたら、もっといろんな星を確認できそうです。
真夜中12時ころ東の空にこれまたひときわ輝く1等星発見!
しし座のレグルス?それとも木星?

星のお話

冬の早朝、空を見上げると、2つの星が輝いています。
一つは南東の空に、これは金星、明けの明星です。
もう1つの星、ある朝は西の空に。こちらは木星でしょうか。
確証が持てないので、友人に聞いたら「それ、木星。」と教えてもらいました。
でも翌朝の空を見上げると、その木星らしき星はほほ頭上に。
1日でこんなに急速に移動するの?もしかして全然違う星なのでは?と思っていると、友人から「今朝の木星は頭上にあったよ。」とメールをもらいました。
答え合わせができて安心しました。

冬の夜、星空を見上げるとこの季節はオリオン座がはっきりわかります。
3つ並ぶ星を4つの星が囲んでいます。
そのうちの1つ、ひときわ輝く星はベテルキウス。
その近くにこれまたひときわ輝く星、おおいぬ座のシリウス。
そしてこいぬ座のプロキオン
この3つの1等星をつなぐと冬の大三角形。

冬の星空、大いに楽しみたいです。

熊野神社・松浦神社・柿本神社~3社詣で~

「冠天満宮」から帰路の途中「熊野神社」によらせていただきました。
DSC_0460.jpg

年始の準備におわれていらっやいましたが、「せっかくお参りに来たんじゃから、持って帰りんさい。」とおせんべいをいただきました。
そして、「三社参りして行きんさい。」と接社である「松浦神社」と「柿本神社」を案内していただきました。

DSC_0455.jpg

柿本大明神
柿本人麿は「人麿神社」「人麿さん」とも呼ばれ、歌道を始めとする学問や農業の神として崇敬されるほか、「人麿(ひとまる)」を「火止まる」や「人産まる」と解して、火防や安産の神としても崇敬されています。
DSC_0458.jpg
DSC_0457.jpg

松浦神社
素戔嗚尊ご夫婦も祀られています。
DSC_0459.jpg

菅原道真公を祀る「冠天満宮」~光~

冠山総合公園に隣接する「冠天満宮」

菅原道真公が無実の罪で九州の大宰府に左遷された際に船で移動しましたが、雨風を避けて光市の戸仲の浦にて休息をとります。村人の神太夫親子のもてなしを受け、菅原道真公はお礼にと冠を渡しました。菅原道真公は左遷の地である大宰府にて生涯を終えられますが、それから30年後に神太夫の息子が夢の中で「・・社を建て、冠を神体とするように・・」というお告げを受け、この地に合格祈願神社(天満宮)の冠天満宮を建てたことが始まりとされています。
DSC_0444.jpg

躍動感溢れる馬の像
DSC_0447.jpg

天満宮といえば牛?
DSC_0448.jpg

本殿
DSC_0446.jpg

弘法大師を祀る大師堂
DSC_0445_20151226120052265.jpg
DSC_0449.jpg

お稲荷さんにもお参りさせていただきました。
DSC_0450.jpg

走行距離55555

昨日のことですが・・・
会社からの帰り、ふと車のメーターに目をやると「55554」
「55555」まであとちょっと。
この決定的瞬間を写メらなければ!と思いながらも、その瞬間、突如止まれるはずもなく、
とうとう「55556」になってしまいました(^^;
でもきっちりと「55555」瞬間は目にすることができたので、まあ、良し、とします。

な・ん・と・な・く・・・

な・ん・と・な・く・・・ケーキ屋さんに寄ってみました。
特にケーキが食べたくなったわけではないのですが。
そこで偶然、小、中、高と同級生のIちゃんに遭遇
いつもにこにこ笑顔の優しいIちゃん(*´v`)、久しぶりの再会だったので嬉しかった。
今日はIちゃんのお母様のお誕生日だそうで、ケーキを買ってお祝いするのだとか。
天皇陛下とお誕生日が一緒なんて、これまた素敵ですね。

な・ん・と・な・く・・・寄ったケーキ屋さんでのほっこりする再会でした。

徳山駅ビル取り壊し

徳山駅ビルと言えば高校時代大変お世話になった場所、思い出深い建物です。
○○年前は下松市民が徳山に出る時は「街に出る!」というくらいの都会に出る感覚でした。
駅ビルと言えば、3階に食堂街があって、「どこのお店で何食べようかな~?」と選ぶ楽しみもありました。
スパゲッティ屋さん、うどん屋さん、・・・和、洋、中、何でもあったような・・・。
それが、いつのころからか、喫茶店一軒くらいになり、そこも気づいたときにはなくなってました。
「交流センター」になっていて、昔のおもかげはありませんでした。
何とか昔の活気を取り戻そうと、いろんな団体の方々が頑張っておられるようです。
今回の駅ビル取り壊しも、そこから第一歩、踏み出す準備でしょう。
時代はすっかり変わってどこに行くにも車ですからね、駐車場の完備は必須、しかも車を停めてからの移動距離もできるだけ最短に、を求められています。
デザイン性よりも利便性、こちらにシフトせざるを得ないでしょう。

それにしてもなんだか寂しい光景でした。

DSC_0445.jpg
プロフィール

chie0131

Author:chie0131
名前 :千絵
    山口県
趣味 :プチ天体観測(特に月・惑星)
    神社・仏閣巡り
書籍 :五木寛之さん
    天外伺朗さん
    矢作直樹さん
    岩根和朗さん
    秋山眞人さん
    エリザベス・キューブラー・ロス
    エック・ハルト・トール
 
写真は画素の低いスマホ撮影ですのでご容赦ください。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ご来場者
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア